性欲研究所のオマージュ作品は当サイトの管理者 数氷魚rが他の方の小説、画像などから触発されて妄想して作り上げたものです。オリジナル作者への敬意を篭めて掲載するものです。

what's new

2017/03/01 公開 開始

2022/01/29 オマージュ小説 女スパイの末路 完結しました

2022/10/01 TOP頁 LINK頁 更新しました

   

管理人の今月のお薦め

小説 樹里の危機


  戦隊ヒーロー物、オーレンジャーからのオマージュ小説です。

桃4

 もがいて逃れようとする桃だったが、兵士が両側から腕を捩じ上げ桃の両手首に鋼鉄の枷が嵌められてしまう。更には片方の足首にまで足枷を嵌められる。枷にはそれぞれ長い鎖が付いているようで、三方から一斉に引っ張られる。鎖は森の木の枝に掛けられているようで、桃は両手を一杯に広げる格好で吊り上げられる。そればかりか片方の足首に嵌められた足枷の鎖がどんどん上のほうへ桃の片足を引っ張り上げるので、両腕を広げさせられたまま、片足立ちになるしかない。
 「やめてっ。放しなさいっ。」
 片脚を大きく上へあげさせられているので、スカートの裾は捲れ上って下に穿いているアンスコが丸見えになってしまう。

e-mail

感想などは こちらまで。

ページのトップへ戻る